棚田暮らし夫婦ブログ〜日々是好日〜

かつて8300枚の棚田が広がっていた田舎に暮らす夫婦ブログ。夫婦の大切にしたい言葉は“日々是好日"。

被災後初めて真備町に行って来た。

 

 

 

こんばんは、嫁のななです。

 

子どもを早々に寝付かせて

夜な夜なチーズケーキ食べながら

ブログ書いてます♪

f:id:umetani1031:20180930002623j:image

 

 

 

 

 

つい二日前、友人に誘われて

息子と倉敷市真備町に行ってきました。

 

 

今回真備町へ行ったのは

倉敷市災害ボランティアセンターが主催する

“まびのおかあさん会 with 親子クラブ

f:id:umetani1031:20180929231258j:image

という会に

友人がアロママッサージで出店するとのことで

そのお手伝いに行ってきました。

 

 

 

 

皆さんもご存知の通り

今年7月の豪雨で真備町は大きな被害を受けました。

 

 

私は今回被災後初めての真備町訪問。

 

 

 

真備町に住む知人も居たり

私自身、数年前まで真備町の隣にある矢掛町へ毎日通っていた事もあり

真備の町の風景をいつも見ながら通っていました。

 

 

 

 

 

7月の豪雨であんな災害が起きるなんて…

 

 

自分の地元岡山県であんな大きな被害が出るなんて……

 

 

 

前によく見ていた真備町矢掛町の景色が

テレビで報道される被災した景色になったことに信じられない思いでした。

 

 

 

真備町矢掛町が報道される度に

 

自分に何ができるのか…

すぐにでも被災地へ行きたい…

 

そんな思いが募るばかり…

 

 

 

7年前、東日本大震災が発災した当時のように

独り身だった頃とは違い

今は家庭もあり子どももいる

 

すぐに被災地に行きたくても

そうは出来ない自分の変化した環境に

とてもヤキモキする時期もありました。

 

 

 

実際に真備町を訪れ自分の見た景色は

被災の名残りは各所であり

随分と整備が進んでいるところ

まだまだ瓦礫が積み上げれられているところ

ところどころで違っていました。

 

 

そんな真備町の景色を複雑な思いで見ながら

会場に到着。

 

 

 

当日の催しの様子↓

 

 

f:id:umetani1031:20180929224006j:image

開催場所になる “まきび公園

なんだか独特な空間でした笑

 

f:id:umetani1031:20180929233541j:image

生協さん協賛のお楽しみクジコーナー

ガラガラしてお菓子をゲット!子どもたちが集まって楽しそうにガラガラしてました。

 

 

f:id:umetani1031:20180929225759j:image

アロマハンドマッサージコーナー

隣ではタイ古式マッサージコーナーもありました。

マッサージコーナーの後ろでは無料ティーコーナーも♪ 私はそこのお手伝い。

お母さんたち、ほんと気持ち良さそうにされていて

気持ちも和らいだのか、少しずついろんなお話をされていました。

 

 

f:id:umetani1031:20180929224123j:image

f:id:umetani1031:20180929224141j:image

抹茶あんスムージーを提供してくれた原さん

お母さんたちも子どもたちもとっても美味しそうに飲んでました。

 

 

f:id:umetani1031:20180929225306j:image

久しぶりに会えた知人のおかめちゃん♡

発災直後から倉敷市災害ボランティアセンターで精力的に活動されています。

息子は初対面だったけど何故かすぐに心を開き懐いていました笑

 

 

その他、服の譲渡スペースもあり

 

 

この様なお母さんと子ども向けの会が

真備町で開催されたのは被災後初めてだったそうです。

 

 

中には被災後にやっと再会できたお母さんたちもおられたみたいで

会場はとても良い雰囲気で

各々の時間が過ごせていたように思いました。

 

 

 

 

もし自分が小さな子ども抱え被災したら…

 

避難所での暮らし

限られた物と空間の中で子どもと居て

他の人たちに気を使いながらの生活

 

子どもを思いっきり遊ばせてあげれない

 

 

それがどんなに苦しいことだろう

 

 

お母さんたちの気持ちの共有の場

子どもたちの遊びの場

 

本当に必要で大切な時間だと思います。

お母さんたちの心が少しでも安らぎ

この様な会が継続的に開催されるのを願います。

 

 

 

 

 

東北の震災のこと

 

西日本豪雨災害のこと

 

日本各地で起こっている災害のこと

 

起こってしまった災害と被災地のこれからのこと

ここ一週間でより深く考える機会がたくさんありました。

 

「当たり前」のあることのしあわせ

だからこそ自分の暮らしをもっと大切に丁寧にしていきたいと思います。

 

そして自分の感じたことを少しでも発信していく。

 

自分に出来る支援を少しずつ続けていく。

 

それと同時にまずは家族を守れる防災の知識と備えをしていきます。

 

そして自分の住む上山でもどのような支援のカタチが出来るのかを考えていきます。

 

 

 

真備町から帰ってきた上山では

只今稲刈り真っ最中!

f:id:umetani1031:20180929223627j:image

いつものメンバーの

いつもの雰囲気に

なんだかほっと心が安らぎました。

 

 

 

今日この一日にありがとう

 

今夜はこのへんでおやすみなさい🌙

 

「当たり前」のあることのしあわせ

 

こんばんは、嫁のななです。

 

 

 

この前の日曜日、

 

倉敷市で開催された上映会に参加してきました。

f:id:umetani1031:20180927211325j:image

 

ボランティア仲間から

この上映会の司会を任され、

ふたつ返事でOKしたものの

当日ふたを開けてみたら会場には200人を超える人たちが訪れました。

 

f:id:umetani1031:20180929161958j:image

上映会当日

私の慣れない司会ぶりだったことはいいとして、、、

 

 

 

 

今回書きたいことは

 

 

 

「当たり前」のあることのしあわせ

 

 

 

 

 

 

みなさんのしあわせってなんだろう?

 

 

 

 

 

高価な物を手に入れたとき

 

 

好きなブランドの服を着たとき

 

 

会社で成果を出せたとき

 

 

学校で良い点が取れたとき

 

 

美味しい物を食べたとき

 

 

海外へ旅行に行ったとき

 

 

                 ・

                 ・

                 ・

 

しあわせを感じる基準も事柄もみんな違う

 

それでいいと思います。

 

 

 

ただ、しあわせってもっと身近に

たくさんあるもんだなと思います。

 

 

 

 

「当たり前」の毎日

 

 

 

「当たり前」に目が覚めて

 

 

「当たり前」に家族と挨拶できて

 

 

「当たり前」にご飯たべて

 

 

「当たり前」に会話ができて

 

 

                    ・

                    ・

                    ・

 

 

 

今回、倉敷市で上映されたのは

東日本大震災後の福島第一原発の22km北

南相馬市萱浜(かいはま)地区に住んでいる

あるご家族の物語。

 

 

東日本大震災が発災し

萱浜に住んでいた上野敬幸さんの自宅にいたご両親とこども2人は津波で流されてしまい

上野さん自身で必死に家族を捜索されている最中、原発が爆発

その後警察も自衛隊も誰も人が来ない。

自衛隊が来たのは発災後1ヶ月後だったそう。

 

 

長男 倖太郎くん(当時3歳)は行方不明のまま

深い悲しみと悔しさの現実と

幸せだった過去が交差する被災後の5年間のドキュメンタリーと上映後の上野さんと監督の笠井千晶さんの対談会。

f:id:umetani1031:20180929161939j:image

映画の内容や伝えたいことはたくさんですが

 

 

 

 

対談会で上野さんが何回も言っていた

 

 

「倖太郎を見つけてやりたい。抱きしめてあげたい。」

 

 

生きていれば、

震災がなければ、

原発事故がなければ、

 

 

「当たり前」に倖太郎くんを抱きしめることができていた。

 

 

 

 

 

上野さんの倖太郎くんへの想いを聞く度に

自分の息子への想いが重なり涙が出てしまいそうでした。

 

 

 

「当たり前」の尊さを再度考える

とても良い機会になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

「当たり前」な日々を過ごしてるけど

 

 

 

「当たり前」ってすごい!!   んだ。

 

 

 

 

 

私は

家族や仲間と食卓を囲む

ただ当たり前の一日だけど

ただそれだけて本当にしあわせだなと

 

 

f:id:umetani1031:20180927212844j:image

家族や仲間とあーだこーだ言いながら餃子作って

ビール飲んでる

何ものにも代えられない

これが本当にしあわせだ。

 

 

きっとみなさんのまわりにも

「当たり前」のしあわせがたくさんある。

 

 

 

はず。

 

 

 

 

 

 

 

最後になりましたが

各地で発生する災害でお亡くなりになられた方のご冥福をお祈りするとともに

ご遺族の皆さまにお悔やみを申し上げます。

 

また、被災された皆さまに謹んでお見舞いを申し上げます。

 

被災された地域の方々の暮らしが

少しでも被災前の暮らしに近づきますように。

 

自分のできること、

できる支援を私自身も続けていきます。

 

 

 

 

今日この一日にありがとう

 

このあたりでおやすみなさい🌙

やっと心が整ってきました

 

こんばんは。 

 

ご無沙汰しております。

棚田暮らし夫婦ブログ、長いことお休みして半年ぶりの更新となりました🙇‍♀️

 

 

 

生きてますよ笑

 

 

 

 

 

 

この半年間、

 

 

 

家の改修工事も進めたり

f:id:umetani1031:20180926215629j:image

 

 

 

 

こどもの日々の成長もあり

f:id:umetani1031:20180926215754j:image

 

 

 

毎日があれまあれまと過ぎていき

 

 

やりたいことは?欲しいものは?

 

 

とか聞かれると

 

 

「何も物はいらない、一人になれる時間」

と即答でした

 

 

何かと落ち着かない心情でした。

 

 

 

 

そんな間は

 

「ブログしよかな」

 

とか一切思いませんでした。

 

 

 

 

最近ようやく

家の改修工事も落ち着き

こどもと居る日々を心から楽しめるように

なってきた感じがします。

 

 

 

子育てが楽しい!ってこうゆうことかと

最近わかってきました笑

いや日々こどもと居て楽しいと思えてましたが、

それ以上にしんどい事が大きかった。

 

 

 

なんというか、ここ最近は

 

自分の心が整ってきました。

f:id:umetani1031:20180926221329j:image

 

「暮らしを丁寧に」を少しずつカタチに

できてきだしてる気がします。

 

 

 

そんなこんなで少しずつブログ再開していきます。

 

 

あくまでもマイペースで◎

 

 

 

なのでみなさんも

気が向く時に見てやってください👍

2018年2月の味噌づくり

今回は1-10まで全部準備してみなさんと味噌づくり。

上山住人けいちゃんのアドバイスのもと、みんなで楽しくあっという間に仕込み完了♪
男性率の多い味噌づくり《上山贅沢男前味噌》と名付けられました(笑)

定例活動後は、自家用の味噌も仕込むこともできて満足な1日◎
上山で育った黒豆と自分で栽培した黒小豆を使って作る事に挑戦...
なんとも独特な色の仕上がりで味の出来が楽しみ♡

来年は米糀づくりから挑戦しよっと♪

 

f:id:umetani1031:20180217193537j:image

 

 f:id:umetani1031:20180217193550j:image

 

f:id:umetani1031:20180217193453j:image

 

f:id:umetani1031:20180217193602j:image 

 

f:id:umetani1031:20180217193640j:image 

この冬は寒すぎ

【我が家のカラン】

今季の大寒波で我が家の水道管は破裂破損しまくり!

そしてお風呂のカランも凍結し壊れて今はこの状態.....

f:id:umetani1031:20180217192955j:image

 

マイナスドライバーで出水調節。
缶のふたで水を受けてお風呂へ。

熱湯だけ出るスタイルなので
お風呂溜める時は洗面所からバケツで水汲んで旦那くんが往復

こんなんだけど
意外と原始的で好きかも(笑)

 

なな

#ueyama
#今年の大寒波は強烈

 

 

PS

ちゃんと直しました。

f:id:umetani1031:20180217193029j:image

でも来年はもっと寒いかもしれないから寒波対策の
水道開けっ放しにして元栓閉めることを忘れないようにします。

冬場の古民家改修、断熱編

冬の間になぜか寒さに耐えながら古民家の2階に断熱材を入れ、なんとか快適に過ごせるように改修中です。農繁期はなかなか時間が取れないので冬の間に一気にやってしまいたい。

締め切りは決まっているので焦りつつやっています。

 

古民家を暮らしやすくするために2階を改修、壁を立ち上げて断熱材を入れボードを打ち付ける。
床のやり直しを覚え、壁をなんとなくつくれるようになり、一人暮らしでは必要なかった家の機能を充実させます。
家族の暮らしを少しずつ創りあげてこれてる感じもしています。
明日も丸一日家にいますので気が向く方は一緒に改修してやってくださいw
明日は朝9時から住民総出の大芦池土手草刈りの時だけ外に出よう。

 

自分で家を直す、コメを作る、畑を耕す、自分で暮らしを作っていく、田舎で暮らすことは体力のいることなので定年後ではなく、思いっきり楽しめる若い時の方が良い気がしています。

 

#ueyama #古民家リノベーション #古民家生活 @ 美作市上山の千枚田

 

 f:id:umetani1031:20180217192411j:image

 

f:id:umetani1031:20180217192433j:image

 

f:id:umetani1031:20180217192451j:image

3カ月ぶりの更新


f:id:umetani1031:20170808114647j:image

月日が経つのは早いもので、、、

 

 

 

前回の更新から

 

早3ヵ月も過ぎてしまいましたっ!😅💦

 (上の棚田風景写真も3カ月前のもの)

 

 

 

 

この3ヵ月の間に

 

初めての出産、そして育児がスタートし

 

私の人生でとても大きな変化を経験して

 

日々、濃厚な時間を過ごしていました。

 

 

 

 

 

リアルタイムで書きたかったのですが

 

私にその余裕は無く……………。

 

(正直、3ヵ月前に携帯を新調したものの

ハテナblogのログインパスワードがわからなくなってしまったのもある…)

 

 

 

書きたいことはたくさん

 

とりあえず箇条書きにしてみると…

 

 

 

 

 

 

  •  16キロ増、どんどん増える体重と膨らむお腹の妊婦生活
    f:id:umetani1031:20170808114339j:image


 

 

 

  • 死ぬほど痛かったはずの陣痛、けど今は痛みを忘れかけてる出産の記憶
    f:id:umetani1031:20170808114404j:image

 

 

 

  • スタートした育児、想像以上に苦しいと感じた初め数週間
    f:id:umetani1031:20170808113147j:image

 

 

 

 

  • 産後1カ月半、仲間の協力あってこそ開催できた「にんにくイベント」
    f:id:umetani1031:20170808113243j:image

 

 

 

 

  • 上山で始まった家族三人暮らし、改めて考えるここでの暮らし方
    f:id:umetani1031:20170808113305j:image

 

 

 

 

 

 

明日で産後2カ月になり

 

 

少しずつ余裕が持てるようになってきたので

 

 

【棚田暮らし夫婦ブログ】

 

 

ぼちぼち更新していこうと思います

 

 

暇つぶしにでも見てください。

 

 

by 棚田嫁なな